クレンジング(メイク落とし)の種類と特徴。知っているだけで美肌になれる!?

クレンジング(メイク落とし)の 種類と特徴

乾燥、シミ、シワ、、、

女性なら、肌の悩みは、いろいろ出てきますよね。。。

メイクをしている女性なら、その日の夜には、メイクを落として素肌に戻る「クレンジング」というスキンケアは必ずしていると思います。

ただ、クレンジング(メイク落とし)。。。と一言で言ってもいろんな種類があるんです。

クリーム状、オイル状、などなど・・・

ここでは、クレンジング(メイク落とし)の種類と特徴についてご説明していきます。

スポンサーリンク
広告(レクタングル大)

クレンジング(メイク落とし)の種類

クレンジングには大きく分けてタイプが5つあります。

  • クリームタイプ
  • オイルタイプ
  • ジェルタイプ
  • リキッドタイプ
  • ローションタイプ

主にこの5つです。

メーカーやブランドなどによって少し変わる場合もありますが、この5つのタイプのクレンジングは、それぞれの特徴があります。

それぞれのクレンジングのタイプには、多少なりどもメリット、デメリットもありますし、そのクレンジングに合った肌質というのもあります。

なので、基本的にはクレンジング(メイク落とし)は、その特徴と自分の肌状態&使用感、洗いあがりの好みで選んでいきます。

自分の感触の好みや、肌状態、メイクの度合いで選ぶ。という事です。

知ってましたか?

意外にココ!

間違ってる方多いんです。

そうです。

ここで、
「メイクや汚れが落ちればクレンジングの種類なんでもいいんでしょ~!」
という感じになりがちですが、ココはものすごく大事なんです。

クレンジング選びで肌の状態の良し悪しが変わってくると言ってもいいぐらい大事なんです!

クレンジングの種類の特徴、肌質での選び方

クレンジング(メイク落とし)の種類
では、それぞれのクレンジング(メイク落とし)の特徴を詳しくご説明していきますね。

【クリームタイプ】

クリームタイプのクレンジングは
メイクを落としている間は こってりコクがあります。クリーム独特の重みと油分でしっかりメイクを浮かせます。

デメリットとしては
種類によって軽くテッシュでふき取りするものがあるので多少のめんどくささがあります。

水分が入ると落ちが悪くなるためお風呂場で肌の上にのせるときは水気がないように気を付けないといけません。

洗い上がりは かなりしっとりなので
さっぱりクレンジングが好みの方はべたつきを感じる場合があります。

ただコクがあって重みがある分、クレンジングをしている間の肌への摩擦や負担がほとんどありません。

なので乾燥肌、敏感肌に向いてます。

参照→絶対に潤い肌になる!クレンジングクリームの特徴と使い方

【オイルタイプ】

オイルタイプのクレンジングは
とにかく 素早くしっかりメイクが落ちます。
しっかりベッタリの濃いアイメイクもスルッと簡単に落ちるのもいいですね。

お風呂場でもOKなものも多いので手間もなくお風呂でササッと落とせる手軽さもバッチリです。

洗い上がりはスッキリさっぱり、べたつきもほとんど残りません。

ただ・・・
オイル自体があまり重みのないものが多いので
クレンジングしている間の肌への摩擦が起きやすいです。

かなり素早くしっかり落としてくれるので
潤い膜ができにくい乾燥肌や敏感肌にはあまり向いていません。

乾燥はほとんど感じない普通肌の方や皮脂が多い方向けです。

鼻の毛穴が気になる方は鼻専用の黒ずみ落としとしてポイントリムーバーアイテムとしての使い方もおすすめです。
(これは今度またお話していきますね)

【ジェルタイプ】

ジェルタイプのクレンジングは
比較的軽いジェル状なので変なべたつきもなくさっぱりしすぎず手軽にメイクや汚れを落とせます。

お風呂場でもOKなものも多くなってきましたが
軽いジェル状なので水気が少しでもあるとあまりメイクがしっかり落ちないというデメリットもあります。

ジェルタイプを使う場合は水気が全くない時にしようするといいと思います。

洗い上がりはクリームタイプとオイルタイプの中間くらいな感触です。
べたつきもほとんどなく、さっぱりしすぎでないので気持ちのいい洗い上がりだと思います。

手軽に手もべたつかず使いやすいです。

どんな肌状態の方にもおススメです。

ただ、ジェル自体が軽い形状なのでクリームタイプやオイルタイプと比べてメイクとの密着が悪いため
メイクの落ち具合が少し悪い場合もあるデメリットがあります。

【リキッドタイプ】

リキッドタイプは あまり聞いたこと少ない方も多いと思いますが 最近ちょこちょこあります。

メイクを落としている間の感触は、ちょうどオイルタイプとジェルタイプの中間くらいの感触。

オイルの簡単に落ちるというメリットとジェルの手軽さの両方のいいとこ取りな感じです。

ただ 肌になじませている間のすべりがあまり良くないので、多少 肌への摩擦が起こる感じがします。

なので乾燥肌や敏感肌にはあまりおススメはしません。

普通肌や皮脂が多い方に向いています。

【ローションタイプ(拭き取りタイプ)】

ジェル状クレンジングをローションタイプを謳っているものも出てきていますが
ここではコットンに含ませて落とすものやコットンに含まれている水状のタイプをご説明しますね。

ローションタイプのクレンジングは
洗面所やお風呂場にいかなくてもいいので
とにかく手軽に落とせます。

落としている間は化粧水のような感じなので手もべたつかないほとんど汚れないから気軽に使えます。

落とした後の肌の感触は比較的さっぱりです。

ただ、ふき取りという行為は摩擦がおきるため一歩間違えると肌を痛めます。

なので乾燥肌や敏感肌には向いていません。

普通肌や皮脂が多い方に向いています。

クレンジングの種類と特徴、最後に

クレンジング(メイク落とし)といっても種類たくさんあります。

それぞれ特徴が違うのと、感触や洗い心地がどう違うかなんとなくわかりましたでしょうか?

それぞれのクレンジングの特徴と自分の肌質で自分の肌に合ったクレンジングを選んで、正しい使用方法でメイクを落とす。

正しい「クレンジング」は、美肌になれる第一歩なんです。

クレンジング関連記事

>>絶対に潤い肌になる!クレンジングクリームの特徴と使い方

>>クレンジング(メイク落とし)の選び方で肌が確実に変わるという事実

スポンサーリンク
広告(レクタングル大)
広告(レクタングル大)